本当に痩せる方法で一生太らない体を目指す40代のダイエット

美しいスタイルを手に入れるために、一生太らない体を目指す40代女性のダイエット体験記です。本当に痩せる方法や最新のダイエット情報なども更新しています。

閉経後の女性に多い「隠れメタボ」の対策と改善方法

   

肥満ではないのにメタボ症候群と同じ生活習慣病を抱える「隠れメタボ」の患者が、国内に900万人を超えることがわかりました。

 

ダイエット成功

 

厚生労働省研究班は、1997~2012年に国立長寿医療研究センターが実施した40~79歳の男女約4,000人の健康調査データを分析しました。すると男性の10.9%、女性の13.6%がBMIが25未満で腹囲もメタボの基準未満にもかかわらず、高血圧、高血糖、脂質異常のうち2つ以上の異常を持つことが判明しました。

 

この数字をもとに全国で男性380万人、女性534万人の隠れメタボ患者がいると推計しました。つまり、現代のメタボ対策は肥満を前提にしているものの、肥満でなくても高血糖や脂質異常などの代謝異常が異なる心臓病などのリスクが高まるというわけです。

 

隠れメタボとは?

肥満といっても皮下脂肪が増えたわけではなく、内臓脂肪がたまった状態が隠れメタボです。それが原因となって体内でさまざまなホルモン分泌が亢進し、高血圧、糖尿病、脂質異常などが引き起こされる病態を総称して「メタボリックシンドローム」と呼んでいます。

 

肥満度をあらわす体格指数BMIの数値が25以上でも予備軍とみなされます。隠れメタボはまだ明確な定義はないですが、これらの基準値を下回りながら、メタボと同様に高血糖と高血圧、血清脂質異常のうち2つ以上有する人が当てはまると指摘しています。

 

メタボ検診で内臓脂肪蓄積の程度をチェックするための項目が腹囲です。メタボは腹囲が男性85cm、女性は90cmを超える人が該当します。腹部CT検査での内臓脂肪面積が100平方メートルセンチ以上あると推計されます。つまり、内臓脂肪が蓄積されていると診断されるのです。

糖質制限

日本では「メタボ=肥満」のイメージがすっかり定着してしまい、痩せていれば心臓病や脳卒中にならないと安心している人が多いです。それはメタボという言葉が一般に浸透したことや、メタボの診断基準が肥満やウエストサイズを必須条件にしているからです。

 

だから血圧と血糖値の値が高くても、肥満でなければメタボではないと考えている人が多いのです。

 

女性は閉経後に要注意

過食などの肥満によるメタボの患者数は、中高年を中心に男性が女性の3倍に上ることに対し、隠れメタボは閉経後の女性に多いのが特徴です。コレステロールを下げる女性ホルモンの働きが、中性脂肪が多くなるのが原因とされています。隠れメタボの40歳以上の患者数は今後も増え続けるそうです。

 

さらに喫煙者は非喫煙者と比べて隠れメタボになるリスクが1.3倍に上ることも確認できました。隠れメタボを放置すると、脳梗塞や心筋梗塞などのリスクが高まり認知症の一因にもなります。

 

閉経後の女性は適度な運動や食生活などで体質を改善できます。日本人は欧米人と比べてもともと肥満が少ないですが、代謝性疾患は太っている人以外にも多く、対策に力を入れるべきです。

 

隠れメタボ対策に有効な生活習慣

隠れメタボに要注意

名古屋大学教授の研究によると、適度な運動が隠れメタボで特に有効なことがわかってきました。たとえば1日5,500歩以上の歩行を2年間続けた場合、それ以外の人と比べると代謝性異常の改善効果が2.5倍近くあり、運動時間が1日45分以上の人の効果は2.4倍に達したそうです。

 

外出時にも最寄り駅のひとつ前を利用したり、エレベーターを使わずに階段の上がり下がりを増やすだけでも効果があります。さらに食生活にも注意が必要で、寝る直前に食事すると就寝中に体内に脂肪がたまりやすくなります。また飲酒量が多くて食べるスピードが速すぎると、カロリーの過剰摂取を招きます。

 

対策ポイント

  • 就寝直前の食事を控え、しっかり朝食をとる。ゆっくり食べるようにして過度の飲酒を避ける。
  • 毎日5,500歩程度歩く。運動によるエネルギー消費は100キロカロリー。
  • 1日の栄養摂取量はたんぱく質70g、カルシウム700ミリグラム、鉄分12ミリグラム、高不飽和脂肪酸10g、ドコサヘキサエン酸(DHA)300ミリグラム

 - 痩せる方法