本当に痩せる方法で一生太らない体を目指す40代のダイエット

美しいスタイルを手に入れるために、一生太らない体を目指す40代女性のダイエット体験記です。本当に痩せる方法や最新のダイエット情報なども更新しています。

痩せるには脂肪を減らす事よりも炭水化物の摂り過ぎに注意する!

      2015/04/23

rice

 

最近、食品に「低脂肪」と表示されているのものをよく見かけます。

低脂肪ヨーグルトというものを私もよく購入しますが、

はっきり言ってあまりおいしくないので、

果物の缶詰を入れたりします。

しかし、余計に脂肪の摂り過ぎになっているような気がします…

 

脂肪は体が必要としているものです。

 

脂肪は体が必要としているものなのはご存知ですか?

毎日何百もの細胞が再生を繰り返しており、

脂肪はそのエネルギーとして欠かせないものです。

 

さらに、美容に必要なビタミンの多くも脂肪がなければ体に吸収されないのです。

脂溶性ビタミンにはA(キメ細かなお肌)、E(つややかな髪)、

D(丈夫な骨と歯)があります。

 

専門家の話では、炭水化物の量を減らして、食事の全カロリー量を同レベル、

または減らすぐらいに保てるのであれば、

脂肪分が食事の40%を占めていても大丈夫だそうです。

 

例として、魚を食べる時は、ご飯の量を半分に減らし、

その代わりに油(不飽和脂肪酸のもの)や野菜を多く摂る、

マリネやごまをまぶすなど、工夫することもダイエットにはとても効果的なのです。

 

脂肪を減らすダイエットは長続きしない。

 

最近の研究では、舌には脂肪を知覚する受容体があることがわかっています。

これは、どういうことかというと、

脂肪がないと「おいしい」と感じないのです。

低脂肪ヨーグルトがいい例です。

 

油っこい物やクリームたっぷりの洋菓子がおいしい!

と感じるのは、こんな訳があるのです。

そしておいしいと感じる事がなければダイエットも長続きしません。

太る原因は、脂肪分よりもむしろ炭水化物の摂り過ぎによるものです。

 

 - 痩せる方法