本当に痩せる方法で一生太らない体を目指す40代のダイエット

美しいスタイルを手に入れるために、一生太らない体を目指す40代女性のダイエット体験記です。本当に痩せる方法や最新のダイエット情報なども更新しています。

ご飯が好きでもダイエットしたい人は冷やごはんにすると効果的!

   

 

知らない方も多いと思いますが、実は、冷ごはんは太りにくいご飯なのです。

白米のごはんは糖が多く、炊き立てで食べると太りやすいですが、

冷めたごはんはダイエット食に変わるのです!

 

rice

 

冷めたごはんがダイエット食になる秘密はでんぷん。

 

その秘密は、ほかほかご飯が冷めると一部のでんぷんが変化してできる、

レジスタントスターチというでんぷん(炭水化物)にあります。

 

ごはんの成分のでんぷんには、消化や吸収のいいでんぷんと、

レジスタントスターチのように消化、吸収されにくいでんぷんがあります。

 

このでんぷんには不溶性の食物繊維としての働きがあり、

便の量を増やしたり、腸内環境を整えたりするのです。

また、血糖値の上昇を緩やかにしたり、コレステロール値をおさえる作用もあります。

 

ホカホカのでんぷんはすべて小腸で吸収されますが、

冷ごはんのレジスタントスターチは消化・吸収されずに、

毒素やコレステロールを包み込んで便と一緒に排泄されます。

糖分が体内に吸収されないで、胃、小腸、大腸をスルッと通過してしまうのです。

 

冷やごはんは、ホカホカご飯と同じ量を食べても、体に吸収されるカロリーが少なく、

糖が体脂肪になりにくくなるのです!

 

ごはんやおかずは冷ましてから食べると吸収されにくい。

 

冷ごはんだけでなく、穀物、豆類、イモ類も一度加熱調理したあとに冷ますと、

レジスタントスターチが増えます。

たとえば、ホカホカのマッシュポテトよりも、ポテトサラダの方が吸収されにくいです。

 

ごはんも炊き立て、おかずも作りたてはとてもおいしいのですが、

ダイエットのためには、レジスタントスターチをうまく利用しましょう!

 

日本人はごはんが好きな人がとても多いと思うので、

糖質オフで炭水化物を抜くダイエットよりも、

冷やごはんを食べて痩せる方法のほうが、実践しやすいと思います。

 

たとえば、朝食はホカホカご飯にして、昼食は温めないお弁当にするなど。

腸内清掃を考えると、夕ごはんに冷ごはんを食べるのも効果がありますが、

バランスのとれた食事で冷ごはんにする事です。

 - 食事のとり方