本当に痩せる方法で一生太らない体を目指す40代のダイエット

美しいスタイルを手に入れるために、一生太らない体を目指す40代女性のダイエット体験記です。本当に痩せる方法や最新のダイエット情報なども更新しています。

ご飯を制限せずにダイエットするにはお米の品種や調理法がカギ!

   

 

お米は日本人の常食ですが、

ダイエット時に制限する食べ物がご飯とされやすいので、

食べる量を減らすのが辛い、という方も多いのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

米のカロリーは、含まれる脂質やたんぱく質、炭水化物の量です。

100g当たりで350kalと高カロリー食品になるので、

食事制限の矛先が真っ先に向くのも納得ですが、

実は、お米のカロリーというのは、品種や炊き方や温度によって変化します。

今回は、ダイエットに適しているお米について調べてみました。

 
rice
 

お米は品種でカロリーが変わる

 

お米は世界中で生産されている主要穀物で、

様々な土地に適した品種が生み出されてきています。

たとえば、カリフォルニア米として知られている「Calrose76」は、

アミノロースでの分解率が78%です。

 

それに対して、日本で一番美味しいと言われているミルキークイーンは、

91%となっていて、1割以上も分解率が違います。

これは、どういうことかというと、

体内においてでんぷんの分解率が違うということは、

でんぷんが糖になりやすいということなので、

同じ重さのでんぷんでも摂取カロリーは変わるということなのです。

 

これで、GI値(グリセミック・インデックス)も全く変わってきています。

GI値とは、食後血糖値の上昇度を指す指標のことで、

食品に含まれる糖質の吸収度合いを意味しています。

このGI値が高いほど一気に血糖値が上昇し、

スポンサーリンク

脂肪合成を高めるインスリンが多く分泌されます。

 

rice
 
このため、GI値が低い低GI値食品は、

メタボの予防や改善につながるとされていますが、

分解値が高いほどGI値も高くなるため、同じ量のご飯を毎日食べるだけでも、

高級米ミルキークイーンの方が太りやすいお米と言えます。

さらにGI値は新米より古米の方が低く、

炊き立てより冷えたご飯の方が更に低くなると言われています。

 

おかゆになるほど高カロリー

お米の炊き方によってもカロリーは変わります。

これは、炊く時に水分が少ないほど、

お米に含まれるでんぷんが難消化性デキストリンに変わり、

消化に時間がかかるので食物繊維分として働くためです。

病気などで体が弱っている人は、消化能力が衰えていて食欲もないので、

おかゆのような状態で、効率よくカロリーを摂取するのが良いとされるわけです。

 

体質で変わるカロリー変換能力

炭水化物の代謝は、腸内細菌のバランスによって

大きく変わることがわかってきました。

体質によって、炭水化物がどれぐらいカロリーに

変わるのか違ってくるということです。

特に肥満家系の場合は、炭水化物の処理能力に優れているので、

身体のすみずみまで、カロリーとして吸収してしまう傾向が強いようです。

 

ご飯は調理法や品種を考えた上で、日頃の体重の変化と照らし合わせながら

自分の最適値を見つけていきましょう。それがダイエットの近道ですよ!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - 食事のとり方