本当に痩せる方法で一生太らない体を目指す40代のダイエット

美しいスタイルを手に入れるために、一生太らない体を目指す40代女性のダイエット体験記です。本当に痩せる方法や最新のダイエット情報なども更新しています。

野菜ジュースやスポーツドリンクの飲み過ぎには気をつけましょう

   

 

朝は健康のために野菜ジュースをコップ1杯飲んでいる方は、

気付かないうちに砂糖の取り過ぎになっているのをご存知ですか?

一般的な野菜ジュース(市販の缶やペットボトル系飲料)や

清涼飲料水、スポーツドリンクに含まれている糖質の量は、次の通りです。

 

 

・清涼飲料水(500ml)…スティックシュガー18本分

・スポーツドリンク(500ml)…スティックシュガー11.2本分

・野菜ジュース(280ml)…スティックシュガー8.5本分

 

280ml程度のミニボトルの中には、スティックシュガー8.5本分の砂糖が入っていて、

砂糖に換算すると26g程度です。

毎日砂糖を摂っていることになり、明らかに糖質の過剰摂取です。

 

他にも甘い清涼飲料水には、物凄い量の砂糖が含まれていて、

体にいいと思われがちなスポーツドリンクにしても、

500ml中にスティックシュガー約11本分の砂糖が含まれています。

おいしくてたくさん飲めてしまうので、気をつけないといけませんね。

スポーツドリンクと野菜ジュースは、日頃よく飲んでいる人も多いと思いますが、

これを読んだら、控えめにした方がいい理由がわかります。

 

スポーツドリンクでイライラに。

 
スポーツドリンク
 

スポーツドリンクに含まれるブドウ糖果糖液糖は吸収が早いので、

すぐにエネルギーに変わるメリットはあるものの、一気に高血糖状態になります。

血糖を下げるインスリンが大量に出て、今度は低血糖状態になるなど、

血糖値が乱高下してしまうのです。

すると甘い物が欲しくなったり、イライラしてくる可能性もあります。

自覚がないのにいつのまにか取ってしまう、スポーツドリンクの糖分に注意です。

 

市販の野菜ジュースは野菜ではない。

 
野菜ジュース
 

市販の野菜ジュースには、ビタミンやポリフェノールが含まれていますが、

製造の工程で加熱殺菌されるので、原材料の野菜に含まれる酵素やビタミンC、

食物繊維をかなり失ってしまいます。

だから、野菜ジュースを飲むから野菜を取らなくてといい、というわけではないのです。

 

酵素には、私たちの体内で作られる「消化酵素」と「代謝酵素」、

食べ物に含まれる「植物酵素」の3つがあり、お互いを補い合っています。

生野菜には植物酵素が多く含まれるため、消化酵素がそれほど必要なくなります。

その分体内で、代謝酵素が多く作られるようになるので、

代謝が上がって太りにくくなり、活性酸素を消去する酵素が作られるのです。

 

野菜ジュースを飲むのであれば、フレッシュな野菜を使って手作りしてみたり、

それが面倒な人は、粉末タイプのスムージーが現在人気なので、

毎朝の習慣にしてみるのもいいと思います。

 

 - 太る原因