本当に痩せる方法で一生太らない体を目指す40代のダイエット

美しいスタイルを手に入れるために、一生太らない体を目指す40代女性のダイエット体験記です。本当に痩せる方法や最新のダイエット情報なども更新しています。

40代女性が内臓脂肪を絶対増やしてはいけない理由とは?

   

 

40代の体が絶対増やしてはいけない脂肪があるのですが、ご存知でしょうか?

内臓脂肪による肥満で、リンゴ型肥満とも呼ばれています。

 

 
内臓脂肪は生活習慣病の元になる体脂肪で、つけやすく減らしやすいと言われています。

エネルギーを蓄えるだけでなく、筋力を最大に使う時のエネルギーにもなります。

 

40代の太り時は、運動不足や高カロリーの食事をよく取ったり、

不規則な食生活が多いと、あっという間に内臓脂肪が蓄えられてしまいます。

生活習慣病の元になるのがこの脂肪で、40代の体が増やしてはいけないものです。

 

sibou

 

内臓脂肪型の肥満でも、お腹回り・おへその周囲が90センチ以上あり、

高血圧や脂質異常、高血糖のうち、2つ以上の症状が重なればメタボと認定されます。

このメタボは怖いもので、糖尿病や高血圧などの様々な病気が引き起こされやすくなるので、

気をつけたいですね。。。

 

内臓脂肪を落とすのは難しくない。

 

内臓脂肪は、最小限にしておかなければいけないのですが、

内臓脂肪率を減らすのは、そんなに大変なことではありません。

運動や食事制限をすることで比較的簡単に落とせるのです。

そして、内臓脂肪が落ちてくれば、皮下脂肪も減っていきます。

 

とくに食事面では、脂質と糖質を控えるようにして、

カロリーを抑えた良質なたんぱく質をとりましょう。

肝臓の機能を高める食材、大豆と酢を同時に取り入れるようにすれば、

ぽっこり蓄えられた内臓脂肪も、みるみる減っていくに違いありません。

 

つけてもいいのは皮下脂肪。

 

皮下脂肪による肥満は皮下脂肪型の肥満です。

下半身が丸みを帯びて豊かになることから、洋ナシ型肥満とも言われます。

皮膚の下に溜まる皮下脂肪は、皮膚のすぐ下につく体脂肪で指でつまめます。

腰回りやお尻、太ももなどの下半身に付きやすいのが特徴です。

 

女性につきやすく、美しいボディラインを作るのにも大切ですが、

増え過ぎてしまうと、見た目にも大きな悩みの種になりますね。

心臓や膝に負担がかかりますが、生活習慣病とは結びつかないので、

40代がつけてもいい脂肪です。

 

自分が内臓脂肪型か皮下脂肪型肥満かを調べるには、

体組成計で隠れ肥満までわかるので、体脂肪率を測るといいでしょう。

 

 - 太る原因