本当に痩せる方法で一生太らない体を目指す40代のダイエット

美しいスタイルを手に入れるために、一生太らない体を目指す40代女性のダイエット体験記です。本当に痩せる方法や最新のダイエット情報なども更新しています。

頑張ってるのに痩せない時は良質な睡眠を心がけましょう!

   

 

ダイエットのために気をつけていることといえば、

食事や運動が中心の人が多いのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

頑張っているのに痩せない時は、

もしかしたら、良質な睡眠を取っていないのが原因かもしれません。

実は、ダイエットと睡眠に関連性があるのです。

suimin1

睡眠がダイエットにどのような影響を与えるのでしょうか?

ダイエットにとって悪影響になる事を4つまとめています。

 

食欲旺盛になる

睡眠不足の時、無性にお腹がすくことがありませんか?

食欲を増進させる働きを持つグレリンと、食欲を抑えるレプチンが睡眠と深い関係を持っているのです。

睡眠が足りないとグレリンが増え、レプチンが減ってしまいます。

食欲が増えて抑えることができない状況に陥りやすくなります。

 

血行不良になる

睡眠中の体はリラックスするので、筋肉の緊張が解けて血液の巡りが良くなります。

スポンサーリンク

すると、体の末端が冷えやすくなって血行不良となり、

不要となった老廃物を運べなくなってしまうのです。

体の冷えはむくみの原因として知られています。

 

自律神経が乱れる

正しい睡眠が取れない状況が続くと、

体の機能調整を管理する司令塔である、自律神経が乱れてしまいます。

すると、正しい指令が体に届かなくなり、基礎代謝が停滞するのです。

代謝機能が上手く働かないと、エネルギーが消費されにくくなるので、

脂肪が蓄積しやすくなってしまいます。

 

ストレスが増加する

十分な睡眠がとれないことは、体にも精神的にも大きな負担となり、

暴飲暴食の形で現れることがあります。

これは、ストレスが正常な行動を妨げ、いつもと違う行動に、はけ口を求めるためです。

 

suimin
 
これらの症状を起こさない良質な睡眠は、

午後10時から午前2時までの間に睡眠をとること、

睡眠時間は7時間を目安にすることで、

肥満率が下がることが研究結果でわかってきています。

健康や美容のためでなく、ダイエットのためにも睡眠は大切なのです!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - 太る原因