本当に痩せる方法で一生太らない体を目指す40代のダイエット

美しいスタイルを手に入れるために、一生太らない体を目指す40代女性のダイエット体験記です。本当に痩せる方法や最新のダイエット情報なども更新しています。

昼食におにぎりとお茶だけの人はお腹ポッコリ隠れ肥満になります!

      2016/09/09

onigiri

昼ご飯を軽い食事で済ましている人は栄養バランスが悪く、体は栄養が足りない低栄養状態になっています。

 

たとえば、おにぎりやパンに、お茶や野菜ジュースの飲み物だけの昼ごはんでは、低栄養状態になり、どんどん太ってしまうのです。

 

昼ご飯をしっかり食べないと低体温になり、体の色々な働きが低下していきます。20代~30代の女性で、ホルモンの分泌量が低下している人が増えているのもこの影響で、更年期障害に似た症状を抱えている人もいるぐらいなのです。

 

しかも、食事量が減っているのに体重が落ちていない事が多く、低体温や運動不足が原因で、基礎代謝力が落ちているのが原因です。

 

これは20代の人に多いようで、BMIが普通レベルの体脂肪の約2人に1人は、軽い肥満レベル以上と言われています。

 

20代は食事の質が悪くなっている人が多い

 

20代の多くは、太りたくないばかりに、カロリーを気にして食事の質が悪くなっていて、食事制限のダイエットを繰り返したり、食事を抜いたりして栄養不足の状態になっています。

 

食事はおにぎりや菓子パン、スナックや菓子だけで済ませてしまう事が多いようですが、体重は変化せずに、筋肉が体脂肪に変化した体になっているのです。

 

これが、太っているように見えない隠れ肥満と呼ばれるタイプです。

 

あなたは隠れ肥満になっていませんか?

太りやすい人

隠れ肥満でも怖いのは、内蔵周りに体脂肪がつくタイプです。体力もなくなっているので、運動量も落ちて女性ホルモンの分泌が乱れたり、体をコントロールする酵素の働きが悪くなっています。

 

人によっては、おへその上あたりがポコっと出ていますが、見た目がスラリとしていても、お腹は体脂肪だらけという隠れ肥満です。

 

このままでいると、10年後、20年後に生活習慣病にかかってもおかしくなく、頭痛、ほてり、イライラ、不眠症など更年期障害に似た症状を持つ人もいるぐらいです。

 

お昼におにぎりやパンだけの人は要注意!

 

年代に関係なく、お昼はおにぎりかパンだけの人は、実はお腹の中は体脂肪だらけなんてことになっているかもしれません。

 

ダイエットは、体重を減らすことよりも体脂肪を落とすことに力を入れるべきです。体重を減らすダイエットをすると体脂肪が増えていきますが、体脂肪を落とすダイエットをしていくことで、体重は自然に減っていきます。

 


現在の食生活にお茶をプラスすることで「痩せ効果が高まる商品」をご紹介します。食事の前後の飲み物をプーアール茶に変えるだけのダイエット法なので、手軽にできておすすめです。

 

荒畑園のプーアール茶は、脂肪吸収を抑制する沈食子酸・重合ポリフェノールの量が多く、クセのない風味です。茶葉本来の良さに注目し、ビタミン・ミネラル・ポリフェノールなど、5つの成分を引き出しました。

国産ダイエットプーアール茶の茶流痩々を10日間飲んでみました!

 - 太る原因