本当に痩せる方法で一生太らない体を目指す40代のダイエット

美しいスタイルを手に入れるために、一生太らない体を目指す40代女性のダイエット体験記です。本当に痩せる方法や最新のダイエット情報なども更新しています。

1日の水分量が少ない方に!毎日飲める健康的な摂り方のコツ

   

1日の水分の摂り方

「1日の水分の摂り方を教えて」
「毎日の飲み物に悩んでいます」
「小食で1日の水分量が少ないです」
「毎日の飲み物で健康的になるものはある?」

水をちょっと飲むとお腹がいっぱいになったりもたれてしまい、なかなか量を増やせない。どうやったら水分量を増やせるの?

 

水分を摂ったほうがいいのは分かっているけど、毎日の飲み物に悩んでいる方に。苦労せずにダイエットにもなるコツをご紹介します!

1日に必要な水分量

人間が代謝に排尿、排便、汗、呼吸などで排泄される水分が1日1000mlといわれています。水分摂取量が少ないと脳疾患、心疾患になる危険性があります。

普通の成人は1日1500mlくらいは摂った方が良いといわれています。水や麦茶、緑茶、スポーツドリンク、味噌汁などは全て摂取した量をカウントできます。水分のとり方は1回にコップ1杯は飲むことはしなくていいです。

 

少しずつ口を湿らせながら、のどを潤す程度でちびちび口にすれば摂れるのではないですか? 朝目が覚めたら少し飲んで、朝食、昼食、夕食のときに水分を取り、間にお菓子をつまむとき、運動後、帰宅後、入浴後、就寝前に飲むことが大切です。

 

喉の渇きを感じてから水分補給では遅いです。買い物や散歩に出るときも少し水分を取ってみてください。

 

ただし水分を一度にたくさん摂取すると血管内の水分量が増え、排泄するまでに一時的に血圧が上がってしまいます。血圧の高い人は要注意です。少量ずつ分けて飲む必要があります。

 

水を飲み過ぎると体重が増える?

水太り

水を飲むと太ってしまうからと控えめにしている方もいるかもしれませんね。でも本当に水を飲みすぎると太るのでしょうか? 一般的な辞書によると「水太り」は体のしまりがなく太っていることと解説されています。

 

水を飲んで太ることを意味しているわけではありません。確かに水を飲んで一時的に体重が増えることは当然あります。500㏄の水を飲んだ直後に体重計に乗ればもちろん体重は500g増加しています。

 

しかし水は常に体を出入りしていて、その量は1日に2.5㍑ほどといわれています。入ってくる水は食事や飲み物からの摂取です。一方出ていく水は汗や便や尿、吐く息などです。飲んですぐに体重が増加しても、やがて排出されるから体重は元に戻ります。

 

太るという事は肥満という意味です。摂取される栄養素で例えば糖質や脂質、たんぱく質などの熱量がエネルギーとして消費されず余ってしまい、脂肪細胞として体内に蓄積されて量が増えるという現象をさしています。

 

水にはカロリーがないのでたくさん飲んだとしても水太りにはなりません。ただし水を大量に飲むことで気を付けたいのは水中毒です。専門的には低ナトリウム血症と呼んでいます。水分の過剰摂取で体の中の電解質バランスが崩れてしまう状態です。

 

血液中の塩分の濃度が低下し、めまいや頭痛、多尿や下痢などの症状を引き起こします。重症化すると錯乱、呼吸困難などが現れることもあります。水はカロリーがないからデトックスやダイエットにもいいからと、喉が乾いていないのに無理してがぶ飲みすることは注意が必要です。

 

水太りの正体は「むくみ」です。本来血液やリンパによって運ばれ排出されるはずの余分な水分や老廃物が細胞間に溜まっている状態です。

 

静脈やリンパ管の流れが悪くなってむくみは起こります。つまりむくみの原因は余分に溜まっている水分や老廃物です。これらを放置すると老廃物は脂肪細胞に吸収されて固まってしまいます。

 

毎日の飲み物にダイエット茶を1リットル飲もう!

人間は1日に体重の約4%の水分が必要とされています。体重が50キロなら2リットルに相当します。個人差はありますが汁物、野菜や果物など食事で約1リットルの水分を摂ることからその分を差し引くと、飲み物として必要なのは1リットルほどです。

 

水分を毎日しっかり摂ることで基礎代謝が上がり、消費カロリー量が増えます。茶流痩々の脂肪吸収抑制効果が加わるとさらに効果的です。だから1日1リットル飲むことを推奨しているわけです。

 

無理なく飲むコツ

そんなにたくさん飲める?と思われるかもしれません。でも大丈夫です。食事中や通勤後などこまめに飲めば意外と簡単です。ただ飲み方に注意が必要です。

 

体が一度に吸収できる水分量は200ml程度です。いくら喉が渇いてもペットボトル500mlを一気飲みするのは体に負担がかかってしまいます。やはりこまめに飲むことが大切なんです。

 

脂肪吸収を抑える成分

茶流痩々は脂肪吸収を抑制する話題の成分がたっぷりです。通常の輸入プーアール茶とは違い、苦みや渋みなどのクセもなくまろやかな風味です。お茶や紅茶のような感覚で飲めるから、毎日1リットル気軽に続けられると評判なんです!

 

1.重合ポリフェノール

発酵が行われる過程で多種のポリフェノールが結合、新たにできた成分です。アブラ分解酵素の一種でアブラを分解、吸収を抑える働きがあります。

 

2.没食子酸

発酵が行われる過程でカテキンが変化した新たにできたポリフェノールです。発酵緑茶の様々な成分と反応することで活性酸素を除去します。アブラの吸収を抑え、スリムボディが期待できます。

 

3.新成分テアデノールA・B

微生物発酵茶から発見された新成分です。毎日続けることで余分な脂をすっきりさせ、健康の手助けをするアディポネクチンの分泌が増え、すっきりスリムボディに導きます。他にも優れた力があり肌のトラブルを減少します。

 

毎日飲んでも飽きない茶流痩々のアレンジレシピです。ほんのひと手間加えるだけでさらにおいしく変身しますよ。

 

飲み方アレンジレシピ

 

茶流痩々のナイトキャップ

寝る前に飲むお酒の事を英語圏では「ナイトキャップ」といいます。お酒の飲み過ぎは体に良くありませんが、たまには息抜きで寝る前に軽く1杯、優雅な気持ちにさせてくれるナイトキャップでリラックスしてみませんか。

 

材料:茶流痩々ティーパック 1ケ、お湯、人数分、りんご、ブランデー

作り方

  1. ポットに茶流痩々ティーパックとすりおろしたリンゴを入れお湯を注ぐ。
  2. 1~2分置いたあとカップに1の茶流痩々を注ぐ。
  3. ブランデーを数滴たらしたら出来上がり。

 

茶流痩々ストロベリーティー

甘酸っぱいイチゴの果汁は茶流痩々とも相性抜群です。さらにスペアミントの甘みを帯びた香りは、やわらかな清涼感で心身にリフレッシュ効果をもたらしてくれます。お好みでミルクティーにしても。

 

材料:茶流痩々ティーパック1ケ、お湯 人数分、イチゴ、砂糖 適量、スペアミント

作り方

  1. イチゴを1粒潰し茶流痩々とスペアミントと共にポットに入れお湯を注ぐ。
  2. 残りのイチゴは好みの大きさにカットしカップに入れて砂糖をまぶす。
  3. カップの中のイチゴの表面に果汁が出てきたらポットの茶流痩々を注ぎます。

 

茶流痩々の口コミ

暑い時は冷たく、寒い時は温かくどちらでもおいしい。隔月のコースにしたけど毎月でも良かったかも。次のお茶が届くのが待ち遠しいです。
色々プーアール茶を飼って試しましたがこちらのプーアール茶は甘みがあり一番飲みやすくておいしいです。子供たちも大好きです。
始めて飲んでみましたが飲みやすさにホッとし、数分後にすっきりしてびっくりしました!
半信半疑で始めましたが2か月を過ぎたころから体重が徐々に減ってきました。味も癖もなく飲みやすくて気に入っています。
初めてプーアール茶を飲んでみました。お茶自体は中国茶と比べても大変美味しく飲みやすいです。半月ほどたちましたが体重が3キロ減り、高血圧だったのが正常値になりました。期待以上です。

 

まとめ:

茶流痩々の販売本数が2017年11月時点で217万袋突破しました!毎日の水分がなかなか摂れないでいる方にこそおすすめします。

 

中国茶のプーアール茶を飲んだことがあれば、茶流痩々のあまりの美味しさに驚くはずです。あなたも毎日の飲み物に悩むことがなくなります。これで健康的な生活を送れますよ!

プーアール茶の詳細はこちら

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - 荒畑園の茶流痩々