本当に痩せる方法で一生太らない体を目指す40代のダイエット

美しいスタイルを手に入れるために、一生太らない体を目指す40代女性のダイエット体験記です。本当に痩せる方法や最新のダイエット情報なども更新しています。

内村航平選手は体脂肪2%台!体力の衰えは筋肉質が原因か?

   

イギリスで行われた世界選手権で史上初となる個人総合6連覇を果たし、団体総合の金メダルも手にした体操の内村航平選手。あらゆる無駄をそぎ落とし、鍛え抜いて手に入れた肉体は健在でしたが、その一方で体力の衰えを懸念されています。

 

一部の報道によると、内村選手の体脂肪率はなんと2%台!!驚くほど低いですよね~。ただ気になるのは、体脂肪率が低いと抵抗力も低下し、免疫力が落ちて感染症のかかるリスクが増えると言われているからです。

 

いくらトップアスリートとはいえ低過ぎなのではと心配になります。体脂肪が少ないと免疫が下がるという話は、実際はどうなのでしょうか?

チョコが大好きで野菜嫌いの内村航平選手がなぜ活躍できるのか?

体操内村選手

成人男性の適正体脂肪率について

体脂肪率はその人の全体重に脂肪が占める割合のことです。適正体脂肪率は男性で10~19%、女性で20~29%と言われています。

体脂肪率は次の計算式で求められます。体脂肪の重さ(kg)÷体重(kg)×100=体脂肪率(%)

 

ただ体脂肪だけの重さは通常は分かりません。最近は体重計や体組織計などで体脂肪率を簡易的に測れるものがあるので、これを利用するのが手っ取り早いです。

 

体脂肪は、内臓を保護し人間が生きていく上で、必要なエネルギーを貯蔵する役割があります。寒暖時の体温調節の他免疫や、ホルモンバランス分泌なども担っています。

 

最近では、ダイエットや美的観点などから体脂肪は少ない方が良いという風潮がありますが、体脂肪は必要なものです。脂肪が付き過ぎるのが体に良くないのと同様に、体脂肪率が低すぎるのも健康的とは言えません。

 

体脂肪が低すぎると、体温の低下やエネルギーを作り出す筋力の低下を招きます。特に女性の場合、ホルモンバランスの崩れにより生理不順や無月経、早発性閉経などを招く可能性があります。

 

スポーツ選手の体脂肪

スポーツ

一般人とスポーツ選手では事情が異なります。特にオリンピック出場を目指すようなトップクラスの選手たちは、パフォーマンスを最大化するための体作りをするため、体脂肪率の関する考え方も違ってきます。

 

内村選手のように基準値を大幅に下回っている場合がほとんどで、競技によって体脂肪率の数値が低い方が有利なものがあります。例えば器械体操のように、瞬発力や高出力を必要とする競技では、体脂肪率が低い方が有利なのです。

 

最近のスポーツニュースを見ていたら、サッカー日本代表のハリル監督が一部の選手に「体脂肪をもっと落としてくれ~!」と注意していたことがありました。

 

公表値ではサッカーの長友佑都選手は約3%、プロ野球選手のイチロー選手は約6%、フィギュアスケート選手の羽生結弦選手は約3%、浅田真央選手は約7%、テニスの錦織選手は約6%となっています。こう見るとやはり内村選手の2%はダントツの低さで、羽生選手も少ない方ですね。

 

一方で持久力を必要とする競技は、ある程度の体脂肪が必要です。例えばシンクロナイドスイミングは、体をなるべく水に浮きやすくする必要があるため、筋肉より軽い体脂肪が多い方が競技に有利と言われています。

 

2001年の世界選手権男子400メートルハードルで日本人初の銅メダルを獲得するなど活躍した為末大氏が、12年の引退後に受けたインタビューでこんなことを言っていました。

 

「体脂肪が減り過ぎると関節を痛めますし、抵抗力が落ちるんです。体脂肪率が5%周辺だった現役時代は、疲れたまま人ごみに入ると2回に1回は風邪をひいていました。引退後はどこに行っても風邪はひきません。」

 

体脂肪を減らす方法

では、私たちが体脂肪を減らすにはどうしたらいいのでしょうか?体脂肪が増えるのは、食べ物のカロリーが消費カロリーを上回っているからです。

 

ですから、体脂肪率を低くするには、食べ物のカロリーを抑えるか、消費カロリーを増やすのが原則です。そう考えると、食事と運動というシンプルな答えに行き着きます。

 

3食バランスの良い食事、たんぱく質を摂る

良質なたんぱく質を毎食30~40g摂ると、新陳代謝を促進できます。体脂肪率が高い場合、カロリー制限をすると効果がでます。ただし、痩せている人が摂取カロリーを制限すると、筋肉が燃焼してしまうので注意が必要です。

 

筋トレで体脂肪率を減らす

筋力トレーニング

運動は筋トレと有酸素運動が効果的です。筋肉が少ないことで体脂肪率が高くなっている場合が多いので、筋トレを行います。自分の体で筋肉が少ないと思われる部分を重点的に鍛えるのが良いです。

 

早く体脂肪率を下げるには、有酸素運動よりも無酸素運動で筋肉を付ける方が短期間で効果があります。筋肉が動くことで周囲にある脂肪が消費され、それが筋肉に置き換わって体脂肪率が落ちるのです。

 

有酸素運動は無理をせずに、少し息がはずみ、軽く汗が出る程度の運動でOKです。ウォーキングやジョギングなら1回に30分~1時間程度で良いでしょう。

 - ダイエットの最新ニュース