本当に痩せる方法で一生太らない体を目指す40代のダイエット

美しいスタイルを手に入れるために、一生太らない体を目指す40代女性のダイエット体験記です。本当に痩せる方法や最新のダイエット情報なども更新しています。

まるでチーズみたい!?簡単で美味しい塩豆腐が人気です

   

今、塩豆腐というものが流行っているのをご存知ですか?塩豆腐とは豆腐に塩を振って一番置き、水分を抜いた状態にしたものです。

スポンサーリンク

豆腐を使ったレシピ

作り方も見た目もシンプルですが、その味わいは意外なほど美味しいと言われているのです!塩豆腐の作り方や魅力などをご紹介します。

 

塩豆腐の作り方は簡単です

スーパーなどで絹ごし豆腐を1丁購入し、自宅にある塩を小さじ1程度全体に振って豆腐になじませます。キッチンペーパーで豆腐を包み、容器に入れてフタをせずに冷蔵庫に入れておきます。一晩経つと豆腐から水が抜けて、塩が豆腐に浸透した状態になります。

 

これが塩豆腐といわれるものですが、まるでモッツァレラチーズのように、もちもちした食感が生まれます。豆腐に含まれる大豆たんぱくには塩に溶ける性質があることから、豆腐の内部で組織が溶解することで滑らかさが生まれるのだそうです。

 

驚きなのは、熱を加えると大豆たんぱく質がさらに溶けるので、よりクリーミーさが増すことです。簡単に作れるのにかなり奥深い食材ではないでしょうか!?

 

塩豆腐の魅力とは?

動物性たんぱく質のチーズに対して植物性たんぱく質の塩豆腐は、ダイエットや食事制限されている方にも嬉しい一品です。水分が抜けた状態なのでチーズのような食感を楽しむことができ、咀嚼回数が増えることで満腹感を高めることができます。

 

豆腐そのものがヘルシー食材なので、ダイエットにも使えるのは嬉しいところですね。塩豆腐にオリーブオイルやブラックペッパーをかけて食べてもカロリーは控えめなので、まさにダイエット向きの食材と言えます。

スポンサーリンク

 

塩豆腐を作ってみました

去年は塩レモンが流行り、一時期ハマっていた時がありました。こうしてみると、食品に塩を足す「塩+●●」って意外と流行るんですよね。

 

最近はイソフラボン摂取のために、大豆製品を積極的に摂るようにしていますが、豆腐は淡白な味なので、どうしてもありきたりなメニューになってしまいがちに…。

 

ヘルシーな豆腐は常に常備している食材なので、塩豆腐を早速作ってみました。豆腐に塩を振ってキッチンペーパーで包み、冷蔵庫に一晩おくとこんな感じです。

塩豆腐

 

見た目は本当にチーズのかたまりのようです~。これを使ってチャンプル料理を作ってみました。作り方は簡単で、オリーブオイルで塩豆腐を炒めたら、しょうゆとみりんを小さじ1づつ加えて味付けし、シーチキンとトマトを最後に追加して、ささっと炒めて完了です。水を抜いた塩豆腐は、炒めても細かくつぶれないので、調理がしやすいと思いました!

塩豆腐のレシピ

塩豆腐の味はというと、淡白な豆腐に塩が加わることでマイルドな味わいになります。チーズの食感と少し似ているようなクリーミなところが美味しかったです。塩と豆腐ならどこの家庭でもある食材なので、手軽に作れるのも魅力ですね。

 

塩分が気になるかもしれませんが、それでも豆腐1丁に塩小さじ1杯程度の使用なので、心配するほどでもなさそうです。塩豆腐は一晩冷蔵庫に寝かせるだけで簡単に出来るので、ぜひ試してみて下さい~。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - ダイエット日記