何をやっても痩せられない「ぽっちゃり体形」だったのに、10キロ減量できた40代女性の体験記です。美しいスタイルを手に入れるために一生太らない身体を目指しています。運動が苦手でも痩せる方法や最新のダイエット情報を紹介します。

本当に痩せる方法で一生太らない体を目指す40代のダイエット

ダイエットに効くお茶の特集

ダイエットに効くお茶

ボディケア

開脚ストレッチの注意点・180度開脚は必要なし?

投稿日:2018年1月28日 更新日:

ストレッチ

話題のベストセラー「どんなに体が硬い人でもベターっと開脚できるようになるすごい方法」は、テレビや雑誌などにも取り上げられたことで、開脚が注目を浴びています。著者のEIKOさんによると身体が柔らかくなると代謝が上がり、痩せ効果も期待できるようです。

 

開脚でリンパの流れが整うことで冷え性やむくみが改善されたり、腰痛が和らいだという効果も紹介されています。累計販売数100万部を突破したそうです。

 

開脚というエクササイズが注目された理由は、開脚という分かりやすい物差しで確認できるのも大きいですね。開脚できると周囲の羨望を集めるかもしれません。ちょっとした優越感やさらに体にいいとあれば、挑戦する人が増えても不思議ではありません。しかし運動が苦手で体が硬い人は、痛めることがあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

 

開脚ストレッチの注意点

開脚ストレッチが習慣につながれば、体を動かすことが少ない現代人にとって有益なブームと言えます。でも見よう見まねで行うのは慎重に行った方がいいです。

 

無理をすると怪我につながることがあるからです。なかにはストレッチを続けても開脚できない人もいると思います。開脚ストレッチは無理をしないで毎日決まった時間にやって習慣化することです。

 

体が温まっているお風呂上がりが最適と言われていますが、寝起きのまだ体が温まっていない硬い状況でゆったりやるというのを習慣にすると、いつの間にか柔らかくなっていたりします。

 

また痛いのを我慢すれば身体が柔らかくなるというわけではありません。身体は筋肉を守ろうとして逆に筋肉を固くしてしまいます。痛いと楽しくないし結局は続かなくなってしまうので、痛くならない範囲で行いましょう。

 

180度開脚は必要なし?

たとえばバレエダンサーやフイギュアスケーター、体操選手などの肉体美や華麗な動きに憧れて、柔らかい体になりたいと思った時。

 

ストレッチをして身体の柔軟性を高めるために180度開脚できるようになりたいという目標を立てたとします。しかし特殊な競技やスポーツ、ダンスをする人以外にはおすすめではありません。

 

関節には可動域というものがあります。関節ごとにどれだけ動かせるかというのは決まっていて、それ以上は人体の構造的に制限がかかるからです。

スポンサーリンク

 

実際に手首や肘関節を動かして観察してみて下さい。手首が腕に付くまで反らせることはできないし、肘が360度ぐるりと回転することもないです。骨と骨がぶつからないように骨と骨を繋いでいる靭帯が伸びないよう、構造的に動かせないようになっているのです。

 

股関節の可動域を考えると横方向に開脚した場合、股の間の角度は90度あれば柔軟性は十分です。これはあくまでも基準の1つです。可動域を超えて無理に関節を動かそうとすると、クッションの役割を果たしている軟骨や、骨と骨を繋いでいる靭帯を傷つけてしまいます。

 

典型的な例が捻挫(ねんざ)です。捻挫は外部からの圧力で関節の可動域を越えて関節が動いてしまい、靭帯を損傷している状態です。

 

特殊なスポーツをしている人以外には180度開脚する必要はないですが、それでも適度な柔軟性は必要です。体全体をバランスよくストレッチしたいところですが、念入りに行いたい部分は腸骨筋です。

 

腸骨筋とは?

腸骨筋

 

腸骨筋は骨盤と大腿骨、腰椎を結ぶ筋肉群で歩く時、足を持ち上げる動作で働く場所です。加齢とともに固くなりやすいとされており、腸骨筋が固くなると骨盤が前傾して前かがみになってしまいます。

 

また腸骨筋が弱くなってしまうと足がうまく持ち上がらなくなります。歩行中につまずきやすくなったり転んでしまうことが増えてきたりといったことが起こってきます。

 

高齢者が歩行困難になってしまう原因の1つが、腸骨筋や大腰筋が衰えてしまうことに起因します。20歳と70歳と比べると、70歳の腸骨筋の筋肉量は50%程度まで減ってしまうとも言われています。

 

さらに他にもこのような悪影響が考えられています。

  • 冷え性や便秘になりやすい … 腸骨筋が弱くなることで骨盤が歪み、直下にある内臓や神経が圧迫されるため血行不良になる。
  • 猫背や腰痛になってしまう … 腸骨筋が弱くなり骨盤が後傾することで体幹の筋肉が弱くなる。

 

これらを防ぐためにも腸骨筋を日頃からストレッチしたり、筋トレなどで腸骨筋をトレーニングすることをおすすめします。

 

ストレッチ関連の書籍はいくつかのポーズがのっているものがおすすめです。体格などによって伸びると感じるポーズが違ってくるからです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

40代に人気のダイエット ランキング

荒畑園のプーアール茶【茶流痩々】

販売累計60万袋突破。なんとリピート継続率80%!運動、食事制限などダイエット法はたくさんありますが、毎日の食前・食後の飲み物を、国産プーアール茶に変えて嬉しい変化を実感してみませんか?クセがなくまろやかで紅茶感覚で飲めるから、気軽に毎日続けられると評判の国産プーアール茶です。

カテゴリー 国産ダイエットプーアール茶
価格 1袋5g×10個入りで1,500円+(税)

富士フイルム メタバリアスリム

健康的ですっきりとした体形を維持したい人をサポートする、機能性表示食品のダイエットサプリです。年齢とともに太りやすくなる悩みを解決するのがメタバリアスリムです。偏った食生活や栄養補給、健康を維持するサプリメントで、サラシアなどの成分をマルチに配合しています。

サラシアの効果について

加圧シャツ

アブクラックスインナーは、女性らしい美しいボディーラインを手に入れたい、運動が長続きしない、ダイエットをしても思うように痩せない女性におすすめです。あなたがすることは、加圧シャツのアブクラックスインナーを着るだけです。

-ボディケア

Copyright© 本当に痩せる方法で一生太らない体を目指す40代のダイエット , 2018 AllRights Reserved.