本当に痩せる方法で一生太らない体を目指す40代のダイエット

美しいスタイルを手に入れるために、一生太らない体を目指す40代女性のダイエット体験記です。本当に痩せる方法や最新のダイエット情報なども更新しています。

ダイエットが失敗するのはなぜ?リバウンドしない正しい方法

   

ダイエットが失敗する原因

あなたはこれまでに、どんなダイエットに取り組んだことがありますか。リンゴやキャベツをひたすら食べ続ける、朝食をバナナにしてみるなど。それで本当に痩せることができましたか?

 

またこんな経験はないでしょうか。「ダイエット中は何をしてもイライラしちゃう」「眠れなくなった」「些細な事で落ち込んでしまう」これは無理なダイエットによるストレスで、精神的に不安定な状態に陥っています。

 

こうなってしまうと、ダイエットは決して成功できません。ある時緊張の糸が切れるように暴飲暴食に走ってしまったり、一歩間違えれば病気になってしまうこともあるのです。

 

ダイエット失敗の最大の原因

ダイエットを失敗する最大の理由は、実は栄養欠損です。ダイエットは、カロリー制限を目的とした食事療法がベースとなっている事が多いですが、摂取カロリーを減らすことは栄養欠損を招いてしまいます。

 

栄養が不足すると様々な不調が現れるのは当然で、すぐにリバウンドすることは目に見えています。では、正しい減量法とはどんなものでしょうか?

 

それは骨、内蔵、血液、筋肉は減らさずに、体脂肪だけを減らすダイエットです。これまでのダイエットが失敗に終わったのは、体脂肪が減らなかったからです。

 

少ししか食べていないのに太るという人は、まさに体脂肪が増えている証拠です。ダイエット法を間違えると代謝が悪くなり、太りやすくて痩せにくい体になるという、悪循環を引き起こしてしまいます。

 

年齢とともに新陳代謝は低下し、重力に負けてバストやヒップがたるみやすくなります。これを食い止めるには、身体の要となる筋肉は減らさずに、余分な体脂肪だけを落とす必要があります。

 

リバウンドしない正しいダイエットとは?

「体脂肪だけ落として新陳代謝を高める。」これが正しいダイエットです。この2つができていれば、痩せたい部分が細くなり、若い頃の体型を取り戻すこともできます。

 

体質改善により、少しぐらい食べすぎても太らない体になり、ベスト体重をキープしやすくなります。

 

食事制限と併せて取り組みたいのが、加齢とともに低下する新陳代謝を高めることです。代謝がアップすればダイエットも成功しやすくなり、リバウンドも防げます。

 

新陳代謝を高める方法

では新陳代謝を高めるために必要なものは何かというと、それは筋肉です。新陳代謝は筋肉量に比例します。

 

単に食事を減らす間違ったダイエットで落ちるのは、脂肪ではなくて大事な筋肉です。すると代謝が落ちてしまうから、リバウンドしやすくなるのです。

 

逆に、筋肉量を増やせば自然と体脂肪が少なくなり、新陳代謝がアップします。筋肉をきちんと付けることができれば、ちょっと食べすぎても太らない、理想の体が作れます!

 

筋肉を作るには運動が欠かせませんが、疲れる筋トレや激しい運動は必要ありません。簡単でおすすめなのはウォーキングです。一定のスピードで20分以上歩くのが理想です。

ウォーキング

 

友人や家族と一緒に取り組むのもいいかもしれないしれませんね。会話ができるぐらいの速度で心臓が少しドキドキするくらいが適切です。

 

また運動の前には、筋肉の材料となるタンパク質を取るのもおすすめです。ゆで卵やチーズ、ヨーグルトなどを軽めに食べてから運動すると、柔軟でしなやかな筋肉を作ることができます。

 

成長ホルモンで寝ている間もダイエット!

睡眠とダイエッとの関係

ダイエットに有効な時間は、起きている時だけではありません。夜、それも寝ている間にしかできないことがあります。それは成長ホルモンをきちんと分泌させることです。

 

成長ホルモンは、子供が身長を伸ばしたり、身体を大きくするために必要なホルモンです。大人にとっては、アンチエイジングにも一役買う強い味方なのです。生涯を通じて私たちは、成長ホルモンにお世話になっていることになります。

 

成長ホルモンの働きは実に多彩です。例えば、どんなに疲れていても一晩寝ると、スッキリして元気になりますよね。これは成長ホルモンが寝ている間に疲れた身体を修復してくれるおかげです。

 

他にも筋肉生成に働いて筋肉量を増やしたり、体脂肪を分解したりダイエットにか欠かせない存在で、寝ている間に働いてダイエットを強力にサポートしてくれます。

 

さらに成長ホルモンは皮膚を修復する機能も持ちます。肌にハリと弾力をもたらし、きれいになるためにも、フルに活躍してもらう必要があります。

 

注目したいのは成長ホルモンの活動する時間です。成長ホルモンが分泌される時間は、夜の11時~深夜1時までと限られていて、しかも睡眠している間にしか分泌されません。

 

昼夜逆転の生活をしていたり、夜更かしをしていたら成長ホルモンの恩恵に預かることができないわけです。これはもったいないことですよね。

 

寝る前に成長ホルモンの材料を体に入れておくことも大切です。その栄養はタンパク質です。寝る前に食べたら太らない?と思う人がいるかもしれません。

 

もちろん食べ過ぎには気をつけ、大量に食べる必要はなく、200kcal以内に抑えることが原則です。糖質を含むものは避けて下さい。

 

おすすめはゆで卵や無糖ヨーグルト、牛乳、豆乳、アーモンド、チーズなどです。加えてアミノ酸のサプリを取るとより効果的です。

 

また寝る前にタンパク質を摂取すると、よく眠れるようになります。睡眠ホルモンとしておなじみのメラトニンも、実はタンパク質を材料に作られているのです。

 

寝る前にちょこっと食べるという習慣を身につけて、寝ている間にスリムになりましょう!

 - 痩せる方法