本当に痩せる方法で一生太らない体を目指す40代のダイエット

美しいスタイルを手に入れるために、一生太らない体を目指す40代女性のダイエット体験記です。本当に痩せる方法や最新のダイエット情報なども更新しています。

無理なダイエットNG!健康的に痩せるとっておきの秘策

   

健康的に痩せる秘訣

炭水化物を抜いたり、低カロリーダイエットを続けると、確かに体重はいったん減ります。ただそのダイエットを一生続けることができますか?

 

我慢やストレスが溜まって食欲が暴走してしまったら…。せっかく頑張って減らした体重も、あっという間にリバウンドしてしまっては、ダイエットをした意味がありませんよね。

 

「痩せたい、体重を減らしたい」という必死の思いからダイエットに振り回されずに、人生を楽しむためにダイエットがあるという意識に変えていきましょう。

 

ダイエットは続けるからこそ意味があります。無理なくライフスタイルに取り入れやすいダイエットの秘策として、健康的に痩せるためのコツをご紹介します!

 

午前中のうちに体を動かす

散歩

午前中のうちに体を積極的に動かすと、そのあと5~6時間は代謝の良い状態が続くといわれています。通勤・通学、外出、買い物など、日中は何かと活動することが多いので、1日に始まりに代謝の良い状態を作っておけば、エネルギーの消費UPにもつながります。ダイエットに有利になるのです。

 

また春や秋など過ごしやすい季節に、早朝にウォーキングを20分程度行うのも良いです。ストレッチや軽い筋トレを行うことで筋肉を鍛えることも、脂肪燃焼効果が高まります。

 

運動が苦手な人であれば、朝のうちに洗濯や掃除を行うのもおすすめです。この時通常より大きめに体を動かしたり、つま先立ちで歩くようにすれば、エクササイズ効果がより高まるはずです。

 

これらは朝の時間にゆとりがないとできないので、夜型生活の人は朝型生活に変えていく必要があります。就寝時間を早くすれば、夜中におなかがすいて何かを食べてしまうといった行動も控えられます。

 

大好物は週1回だけのご褒美として

スイーツ大好き

例えば大好物でも太りそうなものは、週末1回だけご褒美として食べるようにする、週に1回は思いっきり外食を楽しむ、というようにすれば、ストレスなしで日々ダイエットが実践できるはずです。

 

食べ過ぎてしまった翌日の午前中は、スムージーなどでプチ断食を行い、1日を野菜スープなどで過ごすといった調整方法もおすすめです。また、夜に外食の予定があり食べ過ぎることが分かっている日は、朝食と昼食を少なめにするなどして、1日の食事量をコントロールすることも大切です。

 

計画を立てて健康的に食事管理することは、太らないための重要なポイントです!

メタバリアスリムはご飯やケーキが大好きでもダイエットできます

 

冷えはダイエットの大敵

女性に多い冷えはダイエットの大敵です。体温が1度下がると基礎代謝が12%も低下することから、太りやすいダイエットがうまくいかない原因にもなります。体が冷えることで水分や脂肪が溜まりやすくなり、血液やリンパ液の循環も低下することで、むくみやセルライトができやすい状態になります。

 

体を温めるのに手っ取り早いのはお風呂です。ダイエットに有効な入浴法は、37~40度以下のぬるめの温度にみぞおちの下までつかる半身浴です。20分以上頭から汗が噴き出るぐらいまで浸かれば、全身の血行が良くなることでデトックス効果が期待できます。

 

また高温反復浴もおすすめです。「42度ぐらいのお湯に全身3分浸かり、洗い場で頭や体を洗い休憩を3~5回繰り返す」ことで、効率良く脂肪燃焼効果が期待できます。バスタイムがダイエットタイムだと思って、毎日しっかりお湯につかる習慣を持ちましょう。

イルコルポのミネラルバスパウダーはサウナ級の発汗入浴剤!

 

食事面で気を付けたいこと

食事面では。冬にとれるものや寒い地方でとれる野菜や果物は体を温めるといわれています。また、体を温める食材として知られる生姜もおすすめです。ビール、アイスコーヒーといった冷たい飲み物、白砂糖、小麦製品などは体を冷やすので、なるべく控えるようにしたいものです。

 

毎日のストレッチで体を柔らかく

ストレッチ

体が硬いか柔らかいかは、持って生まれた先天的な要素もありますが、体が硬いと運動効率が悪くなるので、太りやすい体質を導いてしまいます。それには毎日のストレッチ習慣で、少しずつ体を柔らかくすることができます。

 

柔らかい体を作るには、毎日短時間でもいいのでストレッチを行うことです。動かしたい場所をマッサージして、筋肉を温めて息を深く長く吐きながら、ゆっくり筋肉を伸ばすようにストレッチするのがポイントです。

 

ファッションに気を配る

ファッション

ファッションは気軽に気分転換できるので、人生を楽しむための大きな要素です。身なりを心がけてファッションに気を配るのは、太らない体作りにも良い効果をもたらします。だらしない恰好やボディラインを隠すファッションをしていると、体形が緩みやすくなるので注意しましょう。

 

太らない秘訣として、ボディラインキープの基準となるパンツやスカートを決めておくのもおすすめです。ウエストや太もも周辺がきつくなったら危険の目安が分かれば、気づけば体重オーバーだった、という事態を避けることができます。

 

今日のまとめ

私の場合、痩せない体質だろうと自分で勝手に決め込んでいたので、ずーっと痩せることができませんでした。それでも何とかしたい思いでいっぱいだったのです。55kgだった2014年から本格的にダイエットをスタートし、少しずつ痩せてからはリバウンドせずにきています。今日の朝体重を計ったら、42.9㎏でした。

 

ここまでくるには、痩せるための意識改革が必要かもしれません。私は食事面を変えていったのがかなり大きかったです。太りやすい食べ物を避けるようにしたのが一番ですが、それでも無理なダイエットをしているわけではありません。

 

無理なダイエットをしたばかりに健康を損ねてしまっては、体も心もバランスを崩してしまいます。健康な体があるからこそ人生は楽しめるもの。そのためには健康的な食生活と生活習慣を心がけて、健康美を目指しましょう!

 - 痩せる方法